今夜は、星組【阿弖流為】

『阿弖流為』とても好きジャンル

阿弖流為の伝説そのものにもとても興味があります。何年か前に、大沢たかおさんがTVドラマで阿弖流為を演じていたのも印象深いです。もう一度観たいと思わせてくれる時代背景です。

今夜の『阿弖流為』は、星組の礼真琴さん。

礼真琴さんについての印象は、とにかく実力のある方。そして可愛い。歌がとてもお上手で声量がある。演技もお上手。ダンスはあまり細部に渡っての感想が言えるほど分かりませんが、キレのいい力強い元気な踊り方する人という印象。

元気が良い可愛い娘という印象で、どうもこれって、失礼な表現になってしまうのかもしれませんが、あくまで個人の男役さんについての好みの問題も多少あるかもしれませんね。

自分の娘より若いので、どうしても可愛らしく見えてしまう男役さんの場合、親心で見る感覚になってしまいます。男役さんというより俳優さんという感じ。

私がもっと若ければ違う見方をできるのかもしれませんけどね。

でも、演技がとても上手で歌も聴いていて気持ちが良いほど安定感がある伸びやかな声で声量がありますね。

さて【阿弖流為】ですが……

ストーリーはテレビドラマのストーリーと、おおまかほぼ同じですね。原作が同じ高橋克彦さんのもののようです。

今回もお衣装が興味深い!!

都の貴族や朝廷に使える人たちのお衣装は、それほど珍しくないですが、厳密には、蝦夷討伐の時代。坂上田村麻呂などの時代。もう少し前の時代の装束なはずだけど……とも感じました。びみょ〜にね。田村麻呂の装束が正しいあの時代のものでは?

でも、宝塚なので華やかに色とりどりで好きですけど。

蝦夷たちのお衣装が、本当にとても素敵です。身につけている小物などの装飾品も素敵。

ただ一つとても気になるのはブーツw

ヒール付きのブーツに違和感あるけど、なんとなくお衣装とはマッチしていて、足元まであの時代の装束に見えてしまう不思議さw

でも、当時、本当に履いていた靴も大陸伝来ではあるけれど、言ってみれば「浅沓(あさぐつ)」という革靴でしたからね。時代がもう少しあとになると、ポックリみたいな漆塗りの木靴ですね。

まあ、ブーツでもいっか〜w

余談だけど、なぜこの時代に革をなめした靴を履いていたのに、草履や足袋、下駄、わらじになっちゃったんでしょうね。

日本は湿気が多くて足が蒸れるからでしょうか?

蝦夷の女性の衣装、と〜っても素敵だわ。

まだ娘役さんの名前ってほぼ顔と名前が一致しません。

今の私は、スカイステージで時系列スクランブルエッグ状態の、タカラヅカシャワー浴びてるようなものなので、今現在、在籍している人なのか、対談された方なのかとか、あれ?この人花組?月じゃないの?とか、あれ?月?宙組じゃないの?とか、あら?雪にいなかった?星組でしょ???と、しばしば混乱中。

明日は、覚えた人を並べて、頭の整理をしてみようと思います。

礼真琴さん、新しい星組のトップさんですね。力のあるエンターティナーなので、きっと新しい星組カラーを築き上げることでしょうね。

ちなみにわたしは紅ゆずるさん、大好きでした。

ひたむきさが伝わってきて、あの笑顔が好きだった。

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA