今夜はスカイステージ「ベルばら」明日海りお【追記/動画】

ベルサイユのばらーフェルゼンとアントワネット編ー2015年台湾公演

花組の台湾公演「フェルゼンバージョン」です。

台湾公演では、アンドレ(芹香斗亜さん)が橋の上で撃たれて死ぬシーンで、台湾では笑いが出たというのですが、この笑いの意味が分からないです。

歌劇という感覚とか、あとは言葉の壁?

ストーリーの流れと登場人物の心の機微的なやりとりと状況が会場全体で共感できづらい?

ま、現場にいないし、よくわからないのですが、言葉の壁や文化の違いってあるのかな?とも思います。

何度、見ても、なぜ笑うの、まったくわかりません。

 

海外ファンが増えてるらしい

台湾だけではなく、ネットが広く一般的に広まってから、海外のファンが確実に加速して増えているという話を聞いたことがあります。

以前も、「youは何しに日本へ」の空港ロケで、ロシア人だったかな?ちょっと確実ではありませんが、とにかく白人さんでした。

なんと、「宝塚歌劇団の公演を観に来た」というではありませんか。

何で知ったのかと聞かれると、「ユーチューブで観てファンになった」というんです。

しかも、ほかにも実はたくさん宝塚ファンが周りにいるというではありませんか。

恐るべし、ユーチューブの力ですね。

 

明日海りおさんのフェルゼン

品がいい。

美しい。

明日海りおさんは、これまでずっとトップオブトップだったそうですが、トータル点数が高いのでしょうか。

どんな点をとってみても、確かに…とうなずけます。

「これぞ宝塚」という感じ?

「今風だな」と、初めて明日海りおさんを知った時は、昔の宝塚の印象とまったく違うと思いました。

たとえば、芸能人のアイドルも、今と昔ではちょっと違います。

スタイルも、昔の何倍も美しくしなやかでスレンダーになっています。

そんな今風の宝塚スターだらけの中で、その今風宝塚トップスターの中のトップという感じがします。

男役ですが、ユニセックス感が強いかな。

個人的感想ですけど、次世代異次元ユニセックス

そんな感じです。

花組は、そういう感じの組子さんが、特に多い気がしています。

花より男子が大成功なのも、そんなカラーも功を奏したかなと。

花より男子での、柚香光さんは、松潤にも負けないくらいのいい感じでした。

少女漫画の男子演じさせたら無敵?

ヴィジュアルがもう、少女漫画から抜け出てきたようなお目目に☆彡がキラキラしてる感じですからね。

明日海りおさんも、柚香光さんもそうですが、それに続く人たちも、みな少女漫画のイケメンヴィジュアル。

若いファンが増えるのも当然です。

追記動画です。

「おすすめ」に出てきました(笑、どンだけたからずか検索してるっていうのかw)

宝塚歌劇団のオフィシャル動画をシェアさせていただきました。

 

『ベルばら』

ベルばら観すぎ。

結構、スカイステージでもやってますね。

ちょうど、私は初期、ベルばら世代ですから、当時、宝塚でマンガ原作をやるっていうんで、ずいぶん話題になったし、友人のお姉さんが宝塚大ファンで、何度も観に行ったとはしゃいでいたことを思い出します。まだ、私は中学生か高校生一年くらいだったかな。

宝塚でベルばらやるって、すごい選択だと思いました。

なぜなら、ぴったり!!これ宝塚がやらずして、どこの劇団がやれるの?とね。

空前の大ヒット。

 

しかし時は流れて、その私たちの子供世代が、ベルばらを演じる時代になりました。

昔の何倍も華やかな舞台になって、宝塚歌劇団も時代とともに進化してるんですね。

 

私的には、ベルばらも嫌いじゃないですが、全体を通しての感想は、エリザベートのほうが好きです。

ベルばら観すぎwww

ベルばらには死神も悪魔も出てこないwww

ただ、要所要所のシーンで、このシーン好きっていうのはいっぱいあります。

 

台湾公演(これはベルばらの時ですか?ちょっと不明)

 

明日海りおさんは、退団後の進路はどうなっているのでしょう。

もう、所属する事務所とか決まっているのでしょうか。

女優としてやっていくとしても、舞台主体なのか映像主体なのか?

舞台がいいと思います。

だって、映像だともろ芸能界のあれやこれやの。。。なんというかね。

せっかくの、この高潔な透明感が汚されてしまう気がする。

女優なので、まあ何でもありになるのかな?

ちょっとそれは寂しい気もしますね。

 

柚香光さんは、これから花組トップさんになるわけですが、花組の方向性というか、カラーというか、なんとなく予感みたいなものを感じます。

マンガの世界の王子様感たっぷりの、少女漫画ファンが大好きなタイプの公演が増えるのかな?とか。

でも、合ってると思います。

欲を言えば、柚香光さんには、歌・・・・喉をしめて歌ってるように苦しそうに聞こえるときがあります。

歌の場合、活舌というか、はっきりしないことも、ままありますね。

音域が狭いのかな?

声楽的なことは、そんなに詳しくないですが、低い声で歌うから、

声量がないと歌は、かなり差がでてしまいますね。特に歌い上げたりする場合。

歌も大事ですからね。

 

ま、辛口で、光さんファンには申し訳ない(汗)

 

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA