やだ・・・女になる予感。紅ゆずるさん

「やだ」というのは、微妙に語弊があるけど・・・。

やはり、しょっぱな映像のサムネが、女性の匂いムンムンのサムネ

と、私は感じました。

メイク?

いやそうでもないけど・・・

髪型?

う~ん、まあ、ちょっと。

肩のふわふわ?

いや、、宝塚では、もっとふわふわ背負ってたし

お洋服の色?

いや。。もっと宝塚では色物きらっきらでしたし・・・ね。

 

なんだろうな、

イヤリング?

ああ、ちょっとそれあるかも?w

ちょっと、不安げな表情に見えなくもなかったり・・・。

 

多分、私の心の中でそういう感覚のバイアスがかかったってことかな。

 

でも、ご本人も動画の中でおっしゃってます。

「今、男と女の間で試行錯誤中」と。

だ・か・ら、

ベッドミドラーみたいなエンターティナーになってください!!

以前も書いたけど、最初はノーマークだった「星トップ・紅ゆずる」でした。

スカイステージでも、

「あ、今日は星だからいいや」と、別の番組見てたりしてました。

でも、「食聖」の予告が始まってから、ちょっと観てみることにしました。

食わず嫌いではいけないと、全組公演の映像をしっかり見てみようと思っていました。

それと、同時に「轟悠さん」に注目し始めていたので、この方の作品検索したりして

なるほどベテランさんなんだなと、では是非、見なきゃっ!

って、観たのが、

轟悠さんと柚希礼音さんの星組公演

「The Lost Glory-美しき幻影ー」です。

シェイクスピアの「オセロ」をモチーフにして、1920年代のニューヨークを舞台にしたストーリーですね。

この舞台もとてもよかったのですが、途中登場した、紅ゆずるさん演じる男が、私には衝撃的でした。

もちろん、轟悠さんと柚希礼音さんの作品はすでに、ほかのものも放送を視聴していたので安定の演者だったのですが、ノーマークだけど、一応見てみるか…程度の気持ちになったばかりの時に、予期せず登場した最初のキャラクターがアレ。

もう、このグダグダのおろかなダメ男の紅ゆずるさんにハマりました。

このショットだけでもグダグダで気弱な男だってわかるww

 

(この男にハマったんではなく。。もちろんね。この演技の紅ゆずるさんにハマりました)

インスピみたいなものですが、

「ああ、この子、すごくお芝居好きなんだなぁ、すごく宝塚好きなんだなぁ」

という、なんというか、一生懸命な宝塚の日々が伝わっちゃった感じというかね。

もちろん、この愚かな男ロナルド・マーティン役も、とてもよかったです。

芝居的には、周りを食いすぎな登場でしたか?

私は、あれくらいの・・・好きですw

 

 

で、完全にノーマーク外れたのは、この作品なんです。

タカラジェンヌでチェックはいるのって、こういうパターンは少ないと想像しますが、私は、この演技で次も早々、紅ゆずる作品を予約視聴入れました。

次にみたのが「メイちゃんの執事」だったので、まあ、その落差ね。

遅かったです。観るのが・・・。

そして、次

『スカーレット・ピンパーネル』

ああ、もっと早く見ればよかったー。

引退・最後の公演チケット取ればよかったー。

となりました。

スカイステージ契約して、一か月以上、紅ゆずる放置、無視してました。

 

なので、退団後の動向はチェックしています。

チェックしすぎて、こんな動画が、私のユーチューブアプリ開いたらトップに出てきたというわけです。

男と女と交互にやっていくコンサート?

それ賛成。

コンサート行きたいけど、今度はスタンディングオーベーションとか

多かったりすると、おばちゃん、ついていけないしなぁ・・・。

ま、とりあえず、

ファンクラブ入ろうかな。

紅ゆずるの、ベッドミドラー化を期待します。(しつこい)

だって、いつまでも若いわけじゃないからね。

おなかが出てきても、ベッドミドラーはかっこいいレビューショーも演技もします。

どんだけ派手にしても、すてきですよ。

そんな日本のベッドミドラーになってほしいです。

 

※余談

マウスが壊れた。

記事に色線マークつけたいのにできないので、今からマウス買いに量販店へ。

もうね、PC関係使うものは、ネットで買うのやめたわ。

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA