パート探し。おすすめシニアのパート検索サイトとその理由

パート先も、仕事納め

シフト制なので、職場はまだ稼働していますが、私のシフト的には本日で、今年は終了です。

会社も、イマイチいろいろありそうで、仕事が減ってるなぁと感じる職場内の動きです。

社長が新しい部門に力を入れ始めたので、私が所属している部門は暇です。

 

パート内のひそひそ話

パート先の同僚たちは、皆さん、密かにダブルワークにシフトしています。いつのまにか「昨日、面接にいった」とか「私、スーパーでパートはじめたの」とか、「私、葬儀場の仕事」とか、なかなかバラエティーに富んでいます。

このままだと、パート仲間で、ダブルパートタイマーしないのは、私だけになりそうです。そりゃ、みんな、ダブルなんてやりたくないと思いますよ。

ただ、職場の稼働日が減ったので仕方ないですね。収入も減るのだから。パートのシフトが削られて、若いお兄さんたちが、別部門で働きだしています。

多分、その部門が忙しくなったら、私が今いる部門は、ストップするか、パートの人数を減らすのでは?とパート同士の憶測が飛び交っています。

この歳なのに肉体労働?!

あらたな職探しというのも、この歳になると結構、制限されます。

なぜか、基本、肉体労働です。

歳をとるほど、肉体労働だらけです。

だからこそ、よわっちーな私のもやし筋肉ともやし精神では探すのが大変なのです。

健康と体力と身体能力に自信があるわけじゃないです。いや、むしろない

政府の胸算用

政府は「死ぬまで現役」とか「働きたい主婦が輝ける職場」とか「シニア層が活躍できる場を」とか、逆の発想でポジティブ発信してますけど、「死ぬまで現役・・・じゃないと生活がぁ」とか「働かないと家計がぁ、教育がぁ、ローンがぁの主婦や、低所得者やおひとり様シニアが、なるべく自己完結で生きるための仕事を」ってことじゃないの?

活躍したくて働いている人より、生きるために働いている人のほうが圧倒多数。

ま、いいんだけど、あの子供だましみたいなキャッチフレーズつけるのやめてほしい。

殺伐とした世の中ですね。

第一、輝く女性って宝塚くらいしかイメージわかないわ。キラッキラ☆彡

 


シニアにも「わかりやすい検索しやすい」求人サイト

ま、そんなわけで、昨今の求職シニア向けに、あまり人が集まらない敬遠されがちな職種では、今、私のような世代にも求人が多くなりました。

最近は、よく求人サイトを見ています。

よく利用しているのが、インディードです。

インディード(Indeed)という求人広告ビジネスも、うまく考えられたものだなといつも感心しています。あのサイトは、ほかの求人サイトやハローワークに掲載されている募集記事へのリンクでできていて、その合間合間に広告としても求人情報を載せてます。

いわゆる求人サイト検索サイト?!

あのサイトの検索能力すごいですよ。

私はよく、シニアパート〇〇市とか、シニアパート短時間とか入力して、出てきた検索結果をさらに、5キロ圏内とか10キロ圏内に絞ります。それでもかなりの数の求人が出てきます。

ほかの検索サイトって、派手で画像とかイラストとかふんだんに使われてる分だけ、下に下に検索しながら下がっていくの大変ですよね。しかも、同じ募集記事がいくつも並んでいることもあります。

派遣がいやなら派遣を除外することもできます。その逆もできます。働き方(時間や日数、給料形態)など細やかにソートして並べてくれます。

検索サイトはIndeed(インディード)がおすすめです。

情報量がすごい。

見えているページからひとつクリックして観ると、見えていた範囲外から、注目した求人と同種の職業が、どんどん沸いて表示されていく。

あらゆる求人サイトが網羅されていきます。

地味な求人サイトや有名な求人サイト、ハローワーク。ローカル色豊かなので、都内や大阪などの大都市ではなく、地方の中小の市町村で、ローカルな職場を見つけたい方にもおススメです

見ているだけでおもしろい。

「これ、田んぼのあぜ道の先にあるあの焼き鳥屋?」なんて求人もたまにでてきます。

それほど網羅されている。

地方住みの場合、特におすすめ。

いろいろ、サイトがきれいな色で工夫されているとみていて楽しいですが、結局同じ求人がいくつも並んでいたり、ひとつの求人記事で「雰囲気重視」のビジュアル記事だと、画面をスクロールして、多くの求人は見られません。

インディードは、シンプルでしょぼい画面なのですが、大量の求人を観られます。

 

検索ページで、興味のある求人をクリックして詳しく見ると、次から同じような職種がソートされて並びます。これもまた便利です。そしてその職種以外を探したいなら、一度、別の職種を検索してみると、まただんだん、その新たな検索職種が次々でてきます。

本当に便利な求人検索サイトです。

まずここで探してから、その掲載サイトに飛ぶのがいいかな。

求人サイトは登録すると色々メールでお知らせが来ますが、むしろいらない気がします。

私は、インディードからのメールだけで充分だと思っています。

意外と「シニア求人」とかサイト名に出してるようなところって、イマイチありません。

検索サイトなので、インディードは、情報がたくさんあります。まず最初にここをみて、ここから求人サイトに飛んだほうが、いくつも求人サイト開くより、むしろ早いし疲れない。

 

(おまけ)

医療費や年金など、またいろいろすったもんだ、まともに聞いていると腹が立つことや不安になることも多いですね。しかし、基本的に国がやることは、はなからあてにしていないので、どうなろうとあまり気にしていません。自分のことは自分でです。

そもそも、「なるべくお金出さない政策、なるべく自助努力、死ぬまで自己責任で働いてくれ」っていうのが、今の国の方針みたいなものですからね。老齢化、少子化。仕方ないですね。人間が決めることなので、完璧にいろいろな人にいい政策にはならないです。

(おまけ2)

このアプリいいですよ。

色々なシフト表やお給料管理のアプリありますが、大事な情報ですから、あまりよくわからないところのは避けたいかなと、リクルートにしました。まあリクルートだからナニ?って感も否めませんけど、とりあえず気休め?w

シンプルな設定で、入力も表示も大きくてシンプルなのが使いやすいです。

似たようなアプリ使ってパートしている人多いかもしれませんね。

でも収入を覗かれているようで嫌な人は使いたくないかも?w

私も家計簿アプリは、今は使っていません。

なんとなく覗かれてる感が嫌なので(アナログ人間指数強い昭和の人間)

 

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA