TV『宝塚音楽学校の入学試験』こんな時期、こころ洗れた

地上波テレビ久々に視聴したのは、番組欄に『宝塚』とあったから。

こころ洗われ、涙そそられたひたむきさ

『好き』に一所懸命のひたむきさ

時々、宝塚音楽学校の受験関連のドキュメント番組やりますが、好きなんです。特に、宝塚ファンだからというのを差し引いても、こういう企画好きです。

世界中が、日本が、今こんな空気で、ともすれば鬱々としがちです。私も連投で、ブツブツ、ウツウツとした投稿をしてしまいましたが、今夜の番組を見て、少々(いや、かなり?(´_`illi)) 自分を恥じました。

眩しいですね~!

もう、自分のイジイジしたさもしさでいっぱいの、今日この頃を省みると、あの少女たちが、もう眩しくて眩しくてね。

『みくちゃん』覚えた!がんばってほしいね。

4回目の最後のチャンス、最後のチャレンジで、無事合格した『みくちゃん』。覚えてしまったわw

ご両親も素敵な方々で、なんだかいろんなことをかんがえさせられました。

近隣の桜並木を車で素通りお花見🎵

タカラジェンヌって、皆さん、ほぼほぼ、お育ちがいいのだろうなとは思っていました。幼い頃から宝塚の舞台をみて入りたいって思ったとか、それって親御さんが宝塚ファンとか、観劇が趣味とか、いづれにしても、ぎすぎすした家庭環境だったり、「ハァ?タカラズカ?なに気取ったこといってるの?あんたに入れる分けないでしょうがっ!」みたいな、愛のない殺伐環境で育ったというイメージはありません。

今日のみくちゃんのご両親のようすを見ていて、むしろ親心になって、もらい泣きしてしまいました。あのご両親にあの子ありなんだろうなと。

親が偉大だからどうのとか、親がお金持ちだからどうのとか、そういうことではなく(まあ、そういうことも多少影響するけど)、なによりも人格、お人柄です。素敵なご両親でした。

だいすきでだいすきでだいすきで、どうしてもどうしてもどうしても、掴みたい夢、生きたい場所。

そんなことを、真っすぐにひたむきにめざしていくって、なんか、いまさらだけど、素晴らしく尊いことだなと、またあらためておもいました。

自分の『好き』をがんばろう🎵

年齢とともに、どこかで自分をごまかしたり、年齢のせいにしたり、環境のせいにしたり、ままイロイロ、、、ね。そんな腹黒お疲れオバサン化してる自分だけど、それでも、まだまだ、なにかできるんじゃないかっていうパワーをもらいました。

少なくとも『好き』を頑張ること、忘れないようにしたいです。

私が宝塚ファンなのは、そういう彼女たちだから。

ちょっとだけ、前向きになった。。。。かもな

そんな時間を持てました(‘ー ‘ *)

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA