いば6で七海ひろきが登場

七海ひろき(カイちゃん)、地元テレビに登場

茨城県水戸市出身の、もと宝塚男役スター、七海ひろきさん、通称・カイちゃん。

本当に頑張り屋で、退団後の活動を、結構、気にかけて情報を見ています。

今日は、お相撲中継のあと、ニュースが地元局に切り替わり、茨城県ニュースの「いば6」という番組が始まりました。なんと、突然、カイちゃん登場。

今日のゲストでした。

茨城のにおい

今日は、上野駅から常磐線に乗って水戸に帰郷したそうです。

「ん?うちの前、通ったな……」と、しょうもないプチミーハーなことがよぎりつつ(笑)

 

カイちゃん曰く、常磐線に乗ると、茨城のにおいというか、景色が変わっていく中で、そういうものを感じるし、茨城県人の雰囲気・においを感じるのが心地よいと言ってました。

まあ、どういうっていうこともないでしょうが、なんとなくわかりますよね。

 

茨城県じゃなくても、都内で暮らしていたり大阪とか大きな都市で暮らしていて、たまに故郷に帰郷する電車に乗ると、景色が変わるごとに、地元に近づくごとに、聞きなれたアナウンスで駅名が電車の中に流れたりすると、近づく故郷の駅を感じ、なんとなく、懐かしいセンチメンタルな気持ちになるものです。

 

宝塚に入団したのはどうして?

という質問に、こんな素敵な詩を素敵に朗読。

七海ひろき宝塚
カイちゃんが、宝塚に入団する最初の最初の一番最初のきっかけともいえる詩。(ペイントでいたずらして作ってみましたw)

↑教科書にのっていたこの詩(実際はもっと長いですが、TVでカイちゃんが朗読した部分だけ抜粋)をカイちゃんが朗読したところ、とても上手だったらしく、先生に褒められたのだそうです。子供って、褒められたりすると、とてもこころに残りますよね。カイちゃんも、とてもうれしかったのだそうです。

それで、お芝居とか興味を持ったとお話ししていました。

宝塚に入団して

周りには、3歳からバレエを習ってたとか、初見でピアノが弾けたりとか、受験前には自分でも少しはレッスンしていたけれど、そういうすごい人ばかりで、結構大変だったけど、周りの仲間に助けられてやってこられたとのこと。

声が高かった

もともと、声が高いほうで、今よりツートーンくらい高い声をしていたとのこと。それを、なんとか、男役の低い声になるにはどうしたらいいかと、声の出し方などをいろいろ工夫して実践していたら、今の感じになったとお話ししてました。

宝塚で学んだことは?

  • ひとつのことをつきつめていくことで、あきらめない精神を学んだ
  • 仲間との関係などで培われた絆の大切さ
  • ファンの方に支えられることで、感謝を学んだ

『七海ひろき』という名前の由来は?

宝塚は、そもそもみんな自分で芸名をつけるのだけれど(・・・と様々なジェンヌさんたちの名前のつけかたを説明)、この名前は、自分と親がつけたとのこと。

  • 海が好き→七海はすぐ決まった。
  • 父親が、「海はひろい」と言い、わかりやすい、覚えやすいのがいいんじゃないかと『七海ひろき』と決まる。

 退団後の活動とコロナの影響

退団後、まもなく茨城大使となり、ファンの方などと、茨城バスツアーを計画していたがコロナでダメになったことや、4月にアルバムを出してのちライブの予定があったけど、中止になった。

スタイリッシュ体操をアナウンサーにレクチャー

これですね。

今後の抱負(茨城とのかかわり)

魚介類もおいしいし、自分のルーツとして茨城があるし茨城が大好きなので、これからも茨城に関して、どんどん発信していきたい。

クリスマスディナーショー

2020’クリスマスディナーショーを、茨城県つくば市のホテル日航つくばでやるようです。

素敵な黒燕尾を着たディナーショーのポスターが紹介されました。

七海ひろきクリスマスディナーショー

【開催日】2020年12月16日(水)
■ One Harmony会員先行受付 : 10月21日(水)10時より
■ 一般チケット発売 : 10月27日(火)10時より
【料金】
一般 ¥35,000
One Harmony会員  ¥33,000
*料金には、料理、フリードリンク、消費税、サービス料が含まれております。

【時間】
昼の部 受付 11:00/食事 12:00~/ショー 14:00~
夜の部 受付 16:30/食事 17:30~/ショー 19:30~
【会場】
ホテル日航つくば 別館1階 昴の間

※ホテル日航つくばHPより、一部引用させていただきました。

詳しくは、ホテル日航つくば「七海ひろきディナーショー」のページへ

 

カイちゃん、ディナーショー行きたいよ

今日の記事内容は、七海ひろきファン、宝塚ファンの方なら、ご存じの内容かもしれませんが、とりあえず、後追いファンというか、新規ファンの方や、いば6を見たかったけど見られなかったファンの方へ、雰囲気だけお伝えしようかなと、書いてみました。

【余談ですが。。。】

以前、カイちゃん記事を書こうかなと思い、検索したとき、七海ひろきの性別はどっちなんだという疑問を持っている人がいたことに驚きました。

元宝塚ということを知らない人だと思うのですが、カイちゃんのやさしさで、それまで男役のカイちゃんファンだった人たちの心情も気遣って、退団したからいきなり「おんなよ~~」っていう雰囲気を出していない。個人的にも、「やだ、女になりはじめてる」とか思うOGさんもいて(勝手に思ってろっ!っていうわがまま;)、カイちゃんのこの気持ちは、なんだかあったかいですよね。

男役も女役もできる俳優さんで、ユニセックスな感じ。この路線、個人的には、今の時代、宝塚じゃなくても需要大きいと思います。アニメが原作のものなどは、わりとこのユニセックス感の世界観のものも多いし、今の時代の雰囲気も、多様性を楽しんでいますからね。

どちらの雰囲気もずっと出していけるって強みですよね。

できれば男装中心でお願いします(個人的願望)

さくら子@sosora
  • さくら子@sosora
  • さくら子@sosoraです。年齢高めの幕下ネットブロガーです。
    ちまちまと、ネットでお小遣い稼ぎしながら、パートタイマーで働くおひとり様シニアです。
    こちらでは、個人的に興味があること、好きなこと、ネットで買ったものなど、ネット関連、宝塚スカイステージ関連などをメインに、日常のエピを交えて更新しています。
    購入紹介品の感想は、あまり女性的なものはないかもなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA